どのように退職するの

 

どんな風にして退職に導くのか?

一度は自分が望んで入った会社を辞めるのですから、退職代行がどんな風に動くかというのは、依頼人として非常に気になるところです。ね!

これから別の会社に転職となったときも、前職で変に揉めてしまうと、内定後の申し送りのときに何を言われるかわかりません。(逐一進捗をご連絡報告します。)

1.退職の意思をお伝えします。

退職代行は、仕事の依頼を受けると、依頼者が勤務している会社に直接電話などで連絡をして、退職したい旨を伝えます。退職代行の実行段階です。

これはあくまでも一例の話ですが、「交渉をする」「何とか説き伏せる」といったような事態になるケースはほとんどなく、すんなり退職できる例が多いのです。

「あんなひどい会社に連絡などしたら、大変なことになるのでは?」と心配する人もいるのですが、実はそんな会社ほど自分たちのやっていることに後ろめたさを感じているのか、業者が入ってきたとなると態度がコロリと変わるケースが多いのです。

面と向かって「辞めたい」と言えない場合も、代行サービスは便利

自分だけで退職問題を解決するのは大変です。会社が人材不足で辞められては困る場合なども、「自分から面と向かって辞めたいと言ったら、引きとめられて説得させられて終わりになるかも」と恐れている人もいます。 実際に「退職したい」と言って、上の人に言い含められて諦めてしまった人も、人材不足の業界では少なくありません。「何が何でも辞めます!」と言えるくらいの人はいいのですが、長年の人間関係があると、そこまで強く突き放せないようです。 そんなときに退職代行サービスが間に入ると、会社としてもそれ以上無理強いはできず、すんなりと退職が通るケースが数多くあります。

退職が成立したら、あとは書類などを会社に送る。

退職代行サービス利用で、無事退職が成立したら、あとは退職届、保険証、ロッカーの鍵など、退職する会社に返却すべきものを郵送するだけです。退職届が会社側に受理されたら、退職のための手続きは完了です。 このとき、ほかに会社に返さなければならないような書類や荷物などがあれば、一緒に送っていただきます。

退職代行。退職成立

 

 

代行サービスを利用される人

基本的にメンタルの弱い(こころ細い)人

辞めたくても、いい出せない人

上司が怖くて退職を伝えられない人

自分の意思を気分が沈んで上手に伝えられない人

退職のを伝えてから、職場にいるのが気まずい人

会社と揉めたくない人

退職代行。 会社ともめたくない人

 

迷ってないで、ご相談ください。

会社の上司や、同僚、関係者に会いたくない人、

朝「一歩も足が会社に向かない」

「退職がしたいが、気になって言い出せない。」

「心細くなって、会社へ行こうとすると、同機が始まる。

「もう限界!働ける状態ではない。!」

「パワハラに耐えられない。一日も早く退職したい。」

「残業がきつくて、耐えられない。」

「上司の声を聞くのも耐えられない。」

「うつ病になってしまいました。もう無理です」

「「上司の暴言に耐えられません。早く退職したい。言えない」

 

迷ってる人、悩んでいる人が多く、ご依頼いただいています。

迷ってないで、何でもご相談ください。明るい未来が開けますよ。

上司に会いたくない!

直接言えない事情のある方は、カノン退職代行センターに、ご相談ください。

ご相談は無料です。

 

LINEでご相談が便利 ↓

 

ご相談無料。LINEでご相談

QRコードでLINEの友だちを追加 。

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。