退職前後の必要手続き

 

退職手続き

退職後に行う保険の切り替えなど、いろんなものがあります。

しっかりと、あわてないよう、押さえておきましょう。

退職前の手続き

1.退職交渉
退職代行。退職交渉、円満退職を目指しましょう

 (円満退職を目指しましょう) 引継ぎ(有給消化)

 最短2週間前までに退職意志をお伝えしましょう。

 揺らぎのない考えでしっかりとお伝えしましょう。

 

 

 退職日を決定

 有給消化等を勘案、相談しながら決定

 退職届を提出(退職届を一旦出すと、撤回できません)

●引継ぎ

退職を決めたら、スムーズに円満退職を目指し。あらかじめ引き継ぎ書を用意しておきましょう。

2.住民税支払い方法の変更

 住民税の手続き

 住民税は毎月の給料から天引きされる「特別徴収」という方法で納めているので

 「普通徴収」に切り替える必要があります。

 (すぐ転職する場合は次の会社で給料から天引き可能です)

 (転職すぐしない場合)

 住民税を最後の給料から一括で支払うか、分割して自分で納めるかを選ぶことができます。

 分割で支払いたい場合は、退職前に会社で普通徴収に切り替えてもらう必要があります。

 前年所得にかかる「住民税納税通知書」が届きます。

 給与から一括徴収か、個人で納付する普通徴収か確認の上対応します。

 (退職から1-2か月後、送られてくる)

 

3.会社備品(制服等)の返却

  健康保険証

  (扶養家族の分も)

  社員証、社章

  名刺

  通勤定期券

  (会社に確認が必要)清算か、そのまま返却か

  制服

  (クリーニングして返却)その他整理しておきましょう。

  鍵

  (デスク・ロッカーの鍵、カードキー等々)

  書類

  (業務書類や資料)

  備品

  (事務用品、書籍、貸与されたもの、経費で購入したもの)

 

4.書類の受取

   雇用保険被保険者証

   (会社にある場合)

   「雇用保険に加入した際に発行される証明書」です。

   年金手帳

   (会社にある場合)

   源泉徴収票

   (退職後2週間くらい後郵送される。)

   健康保険資格喪失証明書

   (健康保険の切り替えに必要)

    発行まで退職後数日~数週間かかる

   離職票※   (失業手当の申請に必要)

   退職証明書※

   (年金や健康保険で家族の扶養に入るときに必要)

   ※必要な場合

    各役所、組合等々にお問い合わせください。

 

退職後の手続き

 

1.失業保険の申請(失業状態にある人が受給できる手当)

 離職票が交付されたらすぐに申請!

 専業主婦になったり、起業したりする人は受給できない。

  離職票が交付後、できるだけ早く申請してください。

退職代行 ハローワーク申請

  居住地を管轄するハローワークへ行って申請

  失業保険に必要なもの

  1.雇用保険被保険者証

  2.離職票1  3.離職票2

  4.身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)

  5.印鑑

  6.写真2枚(直近3カ月以内、縦3cm×横2.5cm)

  7.個人名義の普通預金通帳  

  8.年金の切り替え

 

 国民年金に切り替え

退職後14日以内に、居住地の市町村役所の国民年金窓口へ

必要なもの

①年金手帳

②離職票または退職証明書

③身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)

④印鑑

3.健康保険の切り替え

 住所地の市役所、区役所に行って手続き

4.失業保険の申請

 移住地を管轄するハローワーク

等の手続きが必要です。しっかりと調べて対応しましょう。

迷ってないで、ご相談ください。

そのような人が多く、ご依頼いただいています。

迷ってないで、何でもご相談ください。明るい未来が開けますよ。

上司に会いたくない!

直接言えない事情のある方は、カノン退職代行センターに、ご相談ください。

ご相談は無料です。

 

LINEでご相談が便利 ↓

ご相談無料。LINEでご相談

QRコードでLINEの友だちを追加 。

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。