退職交渉の注意点

 

退職代行 参考情報

退職交渉 の注意点

仕事ができる人ほど、引き止められる可能性が高いのです。

上司の方は、できる人が辞めると、代わりの人がいる(必要な)わけです。

代わりにできる人は、すぐには、いないのが実情なはずです。

同じくらいの仕事ができる人は、なかなかいないと考えられます。

転職市場で探しても、お金がかかったり、労力が、負担がかかるわけです。

今まで通りのほうが楽です。

会社によっては、辞めてしまう時は

上司の責任、管理能力が問われる場合が多くあります。

ご自分の評価に直結しています。

上記の理由から必死に退職阻止をしようとします。

ポイントは

絶対やめるぞ! という強い意思を伝える。!

少しでも、説得すれば残ってくれると思わせれば、失敗です。!

退職交渉が伸びてしまいます。

ですから、私は意思が固いです。

今の意思の固さをしっかりと、ぶつけないと、退職交渉は、伸びてしまいます。

いろんなことを言って、引き止めようとします。

甘い言葉に惑わされずに、貫き通す意思が大切です。

・・・迷っているといううような、あやふやな意志を伝えてしまうと、

粘られます。・・・・辞められなくなるわけです。

それよりも、「辞めます」 「退職します」 と言い切ることです。

その言葉により、意志の固さが表れます。

転職しようする意思が揺れてしまう。心が揺れるなら

“転職しないほうがいい”と考えられます。

そのような方は、お考えを再度再考されることをお勧めします。

なぜなら、転職したほうが、転職先のほうがさらに大変です

今やっていることを考えてください。

転職先は

相当なエネルギーを使い苦労していくわけです。

相当苦労するわけです。

初めての仕事。よく知らない人と仕事をするわけです。

楽をしたいとか

大変な思いをしたくないのであれば、今の職場のほうが当然優劣を言うなら。軍配が上がります。

今の職場でできないこと、!実現したいことがあるので、

転職を決したわけです。

苦労することはわかったうえで、転職を決めたわけです。

よく理解しているはずです。

決意は揺らがないようにしていきましょう。

それを、人事権を持っている方にしっかりと説明が必要なのです。

以上が「退職時の決意」についてです。

退職交渉は必ず必要

会社は優秀な人材が辞められるのは困るので、

何とかして、辞めるのを阻止しようとするのです。

ありとあらゆる手段を使って、会社にとどめようとします。

なかなか辞めさせてくれない。

言いにくい。ので代わりに言って欲しい。

会社に、もう行きたくないので、代わりに言って欲しい。

そのような人が、多く利用されます。

報酬体系は(料金は)正社員は 40,000円

  パート・アルバイトは   30,000円

追加料金は一切かかりません。

第三者(退職代行)が間に入ると、

しばらく(数日)出勤しなかったら(本当に来ないんだな?!)

と会社側はあきらめてしまうのが、ほとんどの事例です。

嫌な思いをして、

長期間、苦労して引きずるよりも、頼みたいとおっしゃるのが、実情です。

辞めることは可能ですよ。

迷ってないで、ご相談ください。

そのような人が多く、ご依頼いただいています。

迷ってないで、何でもご相談ください。明るい未来が開けますよ。

上司に会いたくない!

直接言えない事情のある方は、カノン退職代行センターに、ご相談ください。

ご相談は無料です。

 

 

LINEでご相談が便利 ↓

ご相談無料。LINEでご相談

QRコードでLINEの友だちを追加 。

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。