退職手続の流れ

ご依頼の流れ

退職代行。ご依頼の流れ

退職代行センターご相談からご依頼、退職連絡の実行。退職完了までの流れを申し上げます。手続きをスムーズに進めるため、ご協力をお願いします。一般的な流れをご説明します。


1.打合せ

お話しを聞かせください。
事情!経緯!等お聞かせください。

メールやラインでお電話でも代行に必要な事項をお聞きします。

退職代行。必要な事項をお聞かせください。

ご納得いただけましたら、料金のお振込みをお願いします。




2.お支払い

口座への振り込み後、
ご利用明細の写メ等を送っていただけると
よりスムーズに対応できます。

退職代行。お振込み

3.代行開始

お聞きした内容を基に会社側に退職の申し入れをします。

4.退職完了

退職後の事務処理の案内をその都度ご連絡します。

退職代行、成功!


TEL:06-6944-0840(24時間対応)
携帯:090-5655-6121(24時間対応)



退職代行。コラム、ご参考になさってください。

近年の離職者数

退職代行。平成17年度離職者数 734万人
毎年離職者数が増え続けている。

増加の一途であるとのこと。
年々数万人の方が増えているとのこと、とどまることを知らないかのように増え続ける離職者
もう、すでに終身雇用と言われていた時代は古い過去のこと、
循環しているんだなー、流動的なんだなーと感じるものです。

会社の問題としては

自分の仕事がきちんと評価されていないと感じている人も多い。
また
有給休暇の取得が難しい、残業が多いなど、ワーク・ライフ・バランスが悪いと仕事へのモチベーションが下がる原因です。のべつまくなく働いているのです。職場環境が悪く、非効率な業務を強いられているケースも同様と思われます。無駄な労働も横行しているのでしょう。
就職活動という厳しい戦いの中で勝ち取った内定。将来への期待に胸を膨らませて入社したのに、新入社員の3人に1人は3年以内に離職しているのが現状。若者たちは、なぜそんなに早く仕事に見切りをつけて離職してしまうか?原因が、見えてきます。

退職代行。職場の人間関係

 

仕事上のストレスが大きい

これまでとは異なる環境で「社会人」として給与をもらい、働くことで、ストレスを抱える若者が多い。何事にも納期がある中で、プレッシャーを感じ、納期が遅れると怒られることがストレスの原因となる。プレッシャーを感じるほどに、つとに効率は落ちる、余計にストレスを感じざるを得ないのです。

大学ではトップクラスだった新入社員も、会社に入るとその道のスペシャリストには勝てないことも多々、それがストレスと感じてしまう人も多くいます。ただでさえストレス社会です。

退職代行。仕事上のストレス

労働時間が長い

入社をして、実際に配属までは、労働時間の長さに気づくことができません。新入社員の中には、思っていたより労働時間が長く、自分のプライベートな時間が減ってしまうことを不満に思っている人も多いのが現状。それどころか、一日の3分の2くらいの時間を会社で過ごす方も多いのです。
給与が増えるわけでもなく労働時間が長くなることに、モチベーションが下がってしまうのです。

退職代行。労働時間の長さ

求められるノルマ・成果が厳しい

求められるノルマが厳しいと、入社して間もない頃は、ストレスを感じてしまう新入社員もいる。学生時代の研究や論文とは異なる厳しさがあるので、気持ちが折れてしまうと、仕事のやる気が低下してしまう新入社員もいます。

退職代行。求められるノルマ

仕事が面白くない


「入社したては、目をキラキラさせて頑張ろうと思っていた。」「よしやるぞと燃えて入社した皆さん」実際に働いてみると全然面白くない」最近の若者には、仕事に面白さを求める人が多く、面白くなかった場合に、そのことを理由に早期離職をしてしまう人も少なくない。あまりにもかけ離れた現実に打ちひしがれて、辞めてしまう人も多いのでしょう。



職場の人間関係が悪い。

条件が聞かされていた条件とは違うことも一因で、人間関係が悪い職場環境で仕事を継続するのは難しい。何かあった時に相談できる上司がいなければ、若手社員が孤立してしまうので、精神的に参ってしまう可能性があります。

※会社としては、諸状況を把握し、頑張りたい会社、働きたい会社を目指さなければなりません。

退職代行。職場の人間関係
ご相談無料。LINEでご相談

QRコードでLINEの友だちを追加 。
LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。