退職までにすること

退職したい。~退職日までに行うこと

退職を考えたらすること。

心の整理

退職理由

家庭の都合

職場環境

残業が多すぎる

退職代行。残業が多すぎる

ハラスメント

ブラック

退職代行。ブラック

使用時と労働条件が違う

ノルマが達成できない

仕事が合わない

やりたいことが見つかった

 上記のような理由これ以外にも多々あるでしょうがよく検討しましょう。

辞めないという選択肢もあります。

なぜなら、新しい職場のほうが、もっと大変です。

新しい職場は慣れた職場(現在の職場に比べ)は

初めてで、一からです、人間関係から築いていかなければなりません。

自分と今一度、考え直して、再考しましょう。

就業規則と会社の状況の確認。

確認すべきこと

雇用期間の定め

1.正社員は、

法律上、2週間前に退職の意思を伝えれば、会社の同意なく辞めることができます。

2就業規則(退職に関する規則)
3.伝える上司

 直属上司 、さらに上位の上司は伝えるべきか?

 直属上司に伝え(そのとき、さらに上の上司に伝えるべきか相談する。)

4.職場の現在の状況(忙しいか、辞めても大丈夫か)

 忙しい時期は、できれば避ける。

 心身ともに疲弊しているときは、別!

 (円満退社は時期を考えるべきだが)

5.ボーナスは

割り切って、頂戴してから、辞めましょう。!

退職代行。ボーナスはいただきましょう

 

6.有給は

 有給の日数を必ずチェックしておく。

 勘案して考えましょう。有給届書 (複数枚、持ち替えっておきましょう。役立ちます)

退職を決意したら、すること。!

1.就業規則を詳しく確認。

退職に関する事項の確認。

退職金についての記述

告知期間について

どんな書類を提出か

できれば、就業規則をコピーを取っておきましょう。

退職後に必要な手続き書類

年金        国民年金 市区町村役場       14日以内

厚生年金被扶養者   扶養者の勤務先          退職後すぐに

健康保険       国民健康保険  市区町村役場   14日以内

健康保険任意継続           各健康保険組合  20日以内

健康保険被扶養者           扶養者の勤務先  退職後すぐに

失業保険

失業保険は、ハローワークに離職票などの必要書類を持って行き、申請をします。

ハローワークインターネット、サービス検索すると出てきます。

退職の意思を伝える

まず上司に伝えます

退職代行。退職を伝える

 伝え方  個室で    直属上司に口頭で(退職届も出しても良い)

  退職理由は個人的な理由が無難    家庭の都合などが無難(引き留めにくい)

  退職日の決定  提出書類(会社のひな型に沿って提出)

退職日までにすること

1. 引継ぎ
2. 取引先等挨拶

退職手続きの確認

必要書類

1. 離職票

2. 健康保険資格喪失証明書

伝えておきましょう

最終出社日

会社から受け取る書類

1. 雇用保険被保険者証

2. 年金手帳

3. 離職票1・2

4. 源泉徴収票

5. 健康保険資格喪失証明書

6. 厚生年金基金加入員証

退職は次のステージへのスタート

 

以上のことを熟慮して、行動に!

ご相談は、24時間受付!中

 

LINEでご相談が便利 ↓

ご相談無料。LINEでご相談

 

QRコードでLINEの友だちを追加 。

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。