代行屋、弁護士どっち?

 

退職代行か? 弁護士か?

辞めたい。!言えない。辞められない。

退職代行か? 弁護士か?

どちらに依頼する??!

カノン代行センターと某弁護士事務所を比較

某弁護士事務所

電話受付時間 :10:00〜17:00    ※土日祝除く

代行料金   正社員         65,000円(税抜)

アルバイト・パート    55,000円(税抜)

お振込み時間による対応 : 15時までに入金できれば即日対応

オプション料金 : 別途即日対応特急料金として10,000円

オプションプラン。 着手金0円、成功報酬20%(税抜)

但し、最低報酬金額24万円(税抜)

※オプション料金は、成功可否によって発生。

残業代、未払い給料、退職金、パワハラ慰謝料

退職代行屋か弁護士か?どっちに依頼する??

 

カノン退職代行センター

連絡相談、受付時間:24時間 : 年中無休

退職代行料金   正社員        40,000円

        アルバイト・パート   30,000円

お振込み時間、対応:15時までに入金できれば即日対応

オプション料金      :オプション料金はありません。

交渉はできません。使者として退職をお伝えします。  

退職代行。費用比較 

 

退職代行屋の現状!

退職代行業者が退職の「伝達」に徹している場合は

その申出を受けていただくしかない。・・のが現状です。

会社側上司(経営者様)にすると。

①「ご本人の今後を憂いて」思う、憤り

 育ててきた部下が辞めるのは、無念です。

 でも、経営者さんは気にしても仕方ありません。

 「我慢強さに欠ける!自分から、やがて辞める人だ」と思うべきでは?

②「裏切られた」という思い。

 腹が立ちます。

 でも、そんなことをする人だったのです。

 そんな人を入社させたのは経営者様です。

 むしろこの経験により、経営者様の

 「人を見る目」は昂(たか)まるのです。

③引継ぎなく急に辞めていった損害

 ①②、2つは気持ちの問題です。(経営者様のお怒りはごもっともです)

 「最短でも14日前までに言うこと」と規定しているのは、

 即日退社では会社に損害が生じる。

 退職代行業者を使うほどです。

 ご本人はもう出社しないはず。

 残りの日は欠勤か有休消化にして

 事実上の即日退社の可能性です。

 退職したい辞めるという人を無理に引き留めることは出来ませんし、

 無理に引き留めると。生じるリスクの方が大です。

 

※上記のような、お考えはごもっともですが

 冷静に考えると、逆に、事情あり、お辞めになる方も多いものと思います。

 立派な崇高な夢をもって、巣立って行かれる方も、多いのではないでしょうか。

 ご本人の為にも、巣立ってい行こうとされる方を、温かく見守っていただくことも、

 必要にも感じます。

迷っている方へ

迷ってる人、悩んでいる人が多く、ご依頼いただいています。

迷ってないで、何でもご相談ください。明るい未来が開けますよ。

上司に会いたくない!

直接言えない事情のある方は、カノン退職代行センターに、ご相談ください。

ご相談は無料です。

 

LINEでご相談が便利 ↓

 

ご相談無料。LINEでご相談

QRコードでLINEの友だちを追加 。

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。